雑記

この春リニューアル!キヤノンフォトサークル会員になってみた!

2016/09/25

キヤノンフォトサークルTOP

photo credit: Canon公式サイト

僕は普段から、よくキヤノンのカスタマーに足を運びます。それはカメラやレンズをよく壊すわけではなく、定期的にセンサークリーニングを行うためです。つい先日もクリーニングに持ち込んだのですが、そこでコンシェルの方にフォトサークルに入りませんか? と勧誘されたので、思い切って入ってみました。なので、今回はキヤノンフォトサークルの紹介です!

スポンサーリンク

リニューアルした4つのポイント

3月1日からリニューアルということで、ちょうど切り替えのタイミングだったようで、それでコンシェルの方が熱心に勧誘されていたようです。僕だけじゃなくて、みんな勧誘されてました。
で、何が変わったか? これは大きくわけて4つです。

年会費が5,400円になった!

ここが僕が入会を即決で決めた大きな理由になりました。以前は年会費+入会金で9,258円かかっていましたから、約4,000円安くなったのは大きいですよね。

会報誌がパワーアップした!

リニューアルに伴い雑誌も変更に。以前は「moments」という名前で発刊されていましたが、「Canon Photo Circle」として再スタートです。1959年に創刊されて以来、50年以上も続いていた雑誌だったみたいですので、昔からの会員の方は何だか感慨深いものがあるかもしれませんね。

写真仲間が探せる「部活」が誕生する!

「部活」とは? 公式より

「鉄道」や「航空機」、「ポートレート」など、専門性の高い被写体をテーマとする会員の皆さまが、気軽に参加できる活動を展開。撮影会などのイベントの開催、人気写真家による講習会、月間会報誌誌上における部活コンテストや投稿などを予定しています。

友人でカメラが趣味の方がいるような方は良いですが、なかなかそういう人は少なくて、1人で黙々と写真活動に励まれている方が多いですよね。そんな方は思い切って参加して仲間を探そう! ってことです。僕もせっかく会員になったのだから近いうちに一度参加してみようと思います。

キヤノンフォトクラブが活性化!

キヤノンフォトクラブとは、地域に根ざした写真同好会。
各クラブごとに撮影会や、講評会、写真展などを開催し、初心者から上級者まで多くのメンバーが交流の輪を広げ、撮影テクニックを磨いています。今年度からは「ブロック制」を導入し、さらに活発な活動を目指します。

今年度から全国を11のブロックに分け、より地域に根ざした活動を行っていくということみたいです。

その他の会員特典

修理割引で通常より20%引き!

僕が普段よくしてもらうセンサー清掃は、通常1,080円(税込)のところ、会員割引で864円になるみたいです。金額の小さなものはそうでもありませんが、カメラ本体やレンズが修理になっての2割引きはけっこう大きいですよね。

EOS学園受講料割引

EOS学園受講料割引例

下記受講料金は税込価格です。

コース 一般価格

会員
特別価格

ステップアップ講座 I (撮影基礎コース) 31,000円 28,000円
ステップアップ講座 II (デジタル基礎コース) 37,000円 33,000円
RAW実践講座 17,000円 15,000円

表引用: Canon公式サイト

参考例ですがけっこう安くなりますね。受講を考えている方にはおすすめかも。

会員証・会員バッジが貰える

何だか会員証を持っていると誇らしい気持ちになりませんか? 僕だけ?

他にもいろいろ特典

僕が全部説明するより公式サイトを見てもらった方が早いと思うので、後は公式で(笑)。

まとめ

まだ入ったばかりなので、僕自身もよくわかっていないことが多いのですが、また新しく進展したことや、体験したことなど情報が出てくれば、今後もこちらのブログで紹介させて頂きたいと思います。

さて、今回はCanonユーザー以外のみなさんにはあまり関係ない記事となってしまいましたが、いかがでしたでしょうか? でも、Canon以外にもNikonだってSONYだってPENTAXだって、会員は募集しているはずなので、もし、この記事を読んで各々のサークルに興味があったらぜひ公式サイトを覗いてみてください。

もしかしたら、新しい世界が広がるかもしれませんよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

-雑記
-,