カメラ・機材

純正品?互換品?最近プリンターを買った僕がインクについて考える!

投稿日:2015年4月18日 更新日:

プリンターインク

写真ライフにあったら嬉しいプリンター。僕も最近ようやく買いました。買った機種はこの記事で検討していたEPSONのEP-977A3です。今までは写真は撮って現像して、そこで終わっていましたが、これに印刷する楽しみがプラスされるわけです。

さて、プリンターで印刷するのに必要なものと言えばインクと用紙ですね。このうち用紙については少し思い入れがあるので、また次回にでもテーマをとって話したいと思っています。

今回はまずインクについて。インクはメーカー純正品を使えば間違いないのはわかっていますが、そうは言ってもたくさん刷るとなると自分の財布との相談になってくるもの。そんな中、サードパーティが出している互換インク(リサイクルインク)に少し興味を持ったことがある方も多いのはではないでしょうか? 価格が純正品と比べてかなり安いですもんね。お気持ちわかります。

でも、やっぱり使ってみようかどうか悩みますよね。僕もまだ使ったことがないので、これを機会にそれぞれのメリット、デメリットを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

純正、互換インクのメリット、デメリットは?

下記に表を用意してみました。

  メリット デメリット
純正品

●メーカーブランドの安心感。
●トラブル時、メーカー保障期間内なら無償修理対応が可能。

※ユーザに過失があった場合は、無償修理期間でも有償修理になる可能性がある。

●単価が高い。
●コストパフォーマンスが悪いため、気軽に印刷できない。

互換品 ●単価が安いのでコストパフォーマンスに優れている。
●メーカーにもよるが、純正品と印刷品質も同等並みの互換品もある。
●オリジナルカートリッジなので、純正品より容量が多いインクもある。

●互換インクメーカーのインクカートリッジによって品質に差がある。(耐光性・耐水性・色の違い・劣化等)
●トラブル時、メーカー保障期間内でも無償修理を断れる可能性が高い。

表引用: インク革命より

これを見ると純正インクと互換インクの大きな違いは価格の違いメーカー保証の有無と品質ですね。

品質については値段と相談して、自分が許容できるか? でしょう。
下記比較サイトを参考にしてみてください。

次に肝心の価格の話なんですが、じゃあ実際にどれくらい違うんでしょう?

価格は純正と互換インクで倍くらい違う!!

僕が買ったプリンター用のインクセットで比べてみたいと思います。

純正インクセットは約6,500円

まず純正インクの価格ですが、約6,500円です。

互換インクセットは最安で約3,000円

続いて互換インクの価格ですが、純正の半額ですね。思っていた以上に開きがあります。ここまで違うと、みなさんが悩んでしまうのもよくわかります。僕も今、一瞬互換インクに心が傾きました。

で、インクが安いとたくさん印刷できる!

価格が高いと 価格が安いと

●消費者からすると、コストパフォーマンスが悪いからインクを消費しづらい。
●放置して目詰まりした際も、ヘッドクリーニングで大量にインクを使うので、またインクを購入することになる。

●インクコストを気にして、たまにしか使わない場合でも、プリンターの電源ON/OFFをするだけでクリーニングのため、インクが減ってしまう。結果として印刷できる合計枚数が減ってしまう。

●コストパフォーマンスが良いので、たくさん気軽に印刷できる。
●目詰まりした際も抵抗なくヘッドクリーニングできる。

●気軽に一度に印刷できると、電源ON/OFFで消費されるインクも減り、結果として印刷できる合計枚数が増える。

表引用: インク革命より

まぁ、高くても印刷する人はするでしょうが、一般論ではこんな感じだと思います。

おすすめの互換(リサイクル)インクは?

ここまで来て少し互換インクに興味が沸いてきたので、調べてみました。

インク革命.COM(互換インク)

インク革命

ブラックジャックによろしくとコラボしていて何だか惹かれました(笑)。
注文当日お届け可能な上、インク・プリンターについても1年間無料保証をつけてくれているので安心そうです。(プリンターは購入してから1年以内のみ保証)

エコリカ(リサイクルインク)

エコリカ

リサイクルインクで有名なエコリカさん。家電量販店店頭にインク回収BOXが設置してあるのを見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。あくまでもインクを回収してリサイクルして売るというスタンスに好感が持てます。でも、僕が買った977A3用のインクはまだ出ていません。リサイクルだから数が回収できるまでは製造出来ないんですね。(2016/12/18追記 2016年11月26日から販売開始されました。

安心できそうなのはこの2社くらいですかね。

まとめ

純正インクと互換インクを調べてみましたが、最終的には使い分けが良いのかなと思いました。

何気ない普段印刷については、互換インクで全く問題ないと思います。でも、写真となると少しでも品質にこだわりたいですよね。となると、やっぱり純正品が良い。少しの色の出方の違いが写真では大きなイメージの違いに繋がりますから。

マメな人はそのつどインクを入れ替えて使えば良いんじゃないか? と考えるかもしれませんが、それだとめんどくさい上に余計なトラブルの元ですよね。
じゃあ、どうするか?

・・・プリンターを2台使えば良いんじゃないのか!?

いっそプリンターをもう1台買って、2台で使い分けた方が効率が良い気がしました。両者の良いとこ取りっていうわけです。

なので、もう2台持っている方はぜひ今から使い分けて、僕にその感想をぜひ教えてください。
その結果、僕も2台体制にするかどうか考えます(笑)。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Facebook・Twitterへ最新記事をお届けします

-カメラ・機材
-,

Googleアドセンス用

Googleアドセンス用

Copyright© ふぉとぷろむな~ど , 2017 AllRights Reserved.