撮影スポット

竹田城だけじゃない!日本で雲海が見られるおすすめスポット10選!

投稿日:2015年9月27日 更新日:

幻想的な雲海って見てみたくありませんか? 見ると心が躍らされ、まるで夢の世界にいるよう。とっても素敵な気分を味わうことができます。

竹田城TOP

photo credit: norio-nakayama

これは有名な竹田城です。目で見て楽しむのも悪くはありませんが、みなさんは写真家だと思うので、せっかくならその光景をカメラにとらえたいですよね。だって、僕だったら絶対撮りたいですもん。

日本国内には幻想的な雲海が見られるスポットがたくさんあります。そんな中で今回は僕が行ってみたいなぁと思っている場所を厳選して紹介したいと思います。

スポンサーリンク

日本で幻想的な雲海が見られる場所10選!

1. 竹田城跡地【兵庫県】

竹田城

photo credit: bullets95

まずはなんといってもここです。平成24年には「恋人の聖地」としても認定を受けた竹田城跡。以前はまったく無名だったようですが、ネットを中心に爆発的に広まり、いまや雲海の大御所となりました。

秋から冬にかけてのよく晴れた早朝に朝霧が発生することがあり、但馬地方の風物詩となっているようです。この雲海に包まれた姿や竹田城から見下ろす風景が、まさに天空に浮かぶ城を思わせ、いつの間にか「天空の城」、「日本のマチュピチュ」とも呼ばれるようになったのだとか。

住所:兵庫県朝来市和田山町竹田古城山169番地
問い合わせ:和田山町観光協会/079-674-2120
見られる時期:9月下旬〜4月上旬の早朝
営業時間:午前4時~午後5時
アクセス:JR山陰本線、播但線、和田山駅下車 姫路→播但線約2時間弱
【車】大阪・神戸より中国自動車道(吉川JCT)~舞鶴若狭自動車道(春日IC)~北近畿豊岡自動車道(和田山IC)下車
駐車場:有/約600台/有料
公式サイトURL:http://wadayama.jp/takedajyoseki

2. 富士山【静岡県・山梨県】

富士山

photo credit: ピクスポット

富士山は日本人なら誰もが知っている人気スポットなので説明は不要かもしれませんね。関東圏なので東京からでも5合目まで車で行けば、比較的楽に行くことができます。

ただし、土日はかなり混むので、可能なら平日がおすすめですね。これからのシーズンは登山ができなくなるので、周辺の山からの撮影も良いかもしれません。

住所:富士山無番地
問い合わせ:富士山総合案内/054-221-3776
見られる時期:5月~10月頃
営業時間:散策自由
アクセス:JR中央線、富士急行線 河口湖駅下車
【車】中央自動車道 河口湖IC下車、東名高速道路 富士IC下車
駐車場:有/約1,400台/有料
公式サイトURL:http://www.fujisan-climb.jp/

3. 備中松山城【岡山県】

備中松山城

photo credit: 城ナビ

竹田城と並んで、「天空の城」として人気の高い備中松山城。現存天守の山城としては日本一標高の高い場所にあります。秋には大手門付近の木々が紅葉し、朱に染まる様は圧巻です。

例年、秋から冬にかけて雲海が現れることが多く、大松山展望台から眺める備中松山城はとても幻想的です。

住所:岡山県高梁市内山下1
問い合わせ:高梁市役所 松山城等管理事務所/0866-22-1487
見られる時期:秋から冬にかけての、よく晴れた早朝
営業時間:9:00~17:30
アクセス:JR岡山駅からJR伯備線を利用。JR伯備線「備中高梁駅」下車。
【車】岡山道 賀陽ICから西に国道484号線、国道180号線を経由。国道180号線「川端町」交差点を右折して、城見橋公園駐車場まで。
駐車場:有/約110台/無料
公式サイトURL:http://www.city.takahashi.okayama.jp/soshiki/9/shiro4240131.html

4. 雲海テラス【北海道】

雲海テラス

photo credit: 【公式】星野リゾート トマム

夕張市から東方に車で約1時間半程度のところに位置する「星野リゾート トマム」。「雲海テラス」はここにあり、ゴンドラに乗って12分ほど山を登ると、標高1088mのテラスに到着します。

その光景は幻想的で「天国に一番近いカフェ」とも言われ、多くの絶景ファンを魅了しています。

住所:北海道勇払郡 占冠村中トマム
問い合わせ:星野リゾート トマム/0167-58-1111
見られる時期:5月中旬〜10月上旬の早朝
営業時間:5:00~8:00
アクセス:JRトマム駅から送迎車で約5分。
【車】道東自動車道 トマムICから約5分。
駐車場:有/304台/1泊無料
公式サイトURL:http://www.snowtomamu.jp/

5. 鬼嶽稲荷神社(大江山)【京都府】

鬼嶽稲荷神社

photo credit: 丹後探検隊

古くから鬼の伝説が残る地「大江山」では、秋から冬にかけて美しい雲海を見ることができます。この雲海を見る絶景ポイントが、大江山の半ばにある鬼嶽稲荷神社です。ちょうど雲海が発生する方角に向けて視界が大きく開けており、鑑賞には最適。

日の出を迎える前後の時間には、あたかも神社に祀られた神様が太陽となって現れたかのような神秘的な雰囲気が漂い、波打つ雲海と共に訪れた人々の目と心を奪います。

住所:京都府福知山市大江町北原
問い合わせ:福知山市役所 大江支所/0773-56-1102
見られる時期:10月中旬~11月中旬
営業時間:散策自由
アクセス:京都丹後鉄道 宮福線 大江駅より車で
駐車場:無
公式サイトURL:http://www.kyoto-kankou.or.jp/info_search/?id=582&r=1443247989.3395

6. 鎌倉山【栃木県】

鎌倉山

photo credit: ぶらりマイショット

とちぎの景勝百選にも選ばれている茂木町九石の「鎌倉山」。山頂からの眺めは那珂川沿岸随一といわれています。

秋季から冬季にかけて気温や河川の水温条件が整えば、、那珂川の川霧による美しい雲海がみることができます。

住所:栃木県芳賀郡茂木町九石
見られる時期:10月下旬~12月中旬頃の早朝
問い合わせ:茂木町観光協会/0285-63-5644
営業時間:散策自由
アクセス:【車】真岡ICから約40分
駐車場:有/5台/無料
公式サイトURL:http://www.tochinavi.net/spot/home/?id=12503

7. 朽木小入谷【滋賀県】

朽木小入谷

photo credit: Pinterest

雲海の名所として知られる「朽木小入谷」。霧の水面から頭を出した山々はさながら島のようです。

車で針畑街道か朽木麻生方面から入って行くことができるようですが、道路がかなり悪くて狭いようなので、明け方の暗い中を見に行く際には動物にも十分な注意が必要ですね。

住所:滋賀県高島市朽木小入谷
問い合わせ:びわ湖高島観光協会/0740-33-7101
見られる時期:10月から11月の早朝
営業時間:散策自由
アクセス:JR安曇川駅から車で約90分
駐車場:無
公式サイトURL:http://www.biwako-genryu.com/4seasons/post-86.html

8. 越前大野城【福井県】

越前大野城

photo credit: 福井県大野市ウェブサイト

福井県大野市のシンボル城「越前大野城」は、標高249mの亀山山頂にそびえる城郭です。秋から春にかけて、前日に雨が降り、放射冷却で冷え込んだ朝に雲海をのぞむことができます。

しかし、越前大野城の雲海は年10回程度と大変低確率であるため見るのはかなり難しそう。それゆえ「幻の天空の城」と呼ばれています。

住所:福井県大野市城町3−109
問い合わせ:越前大野城/0779-66-0234
見られる時期:前日に雨が降った春と秋の早朝、特に11月
営業時間:9:00~17:00
アクセス:JR 新幹線利用 越前大野駅下車
【車】北陸自動車道、福井ICから国道158号を東へ1時間。
駐車場:有/無料
公式サイトURL:http://www.onocastle.net

9. 渋峠【群馬県】

渋峠

photo credit: ピクスポット

日本国道最高地点(292号線)にある「渋峠」。標高が2000m超えで、夏場の寒暖差が激しく、真夏でも早朝は10度以下なんてことも。

それだけに雲海の発生率もかなり高く、関東圏では一番有名な雲海スポットと言えるかもしれません。

住所:群馬県吾妻郡中之条町と長野県下高井郡山ノ内町の間
問い合わせ:志賀高原観光協会/0269-34-2404
見られる時期:5月〜11月頃
営業時間:散策自由
アクセス:長野電鉄長野線湯田中駅下車 バス 62分
【車】信州中野ICから 40km 60分
駐車場:有/40台/無料
公式サイトURL:http://www.nagano-tabi.net/modules/enjoy/enjoy_107003003.html

10. ラピュタの道【熊本県】

ラピュタの道

photo credit: 九州ロマンチック街道

1986年公開のジブリ映画「天空の城ラピュタ」。誰もが1度は観たことがあるであろう、ジブリ不朽の名作です。そんなラピュタのワンシーンを思わせる場所が熊本県阿蘇市の外輪山にあります。

阿蘇谷に雲海が発生すると、岬のように突き出した地形と道路が雲に浮かんだように見えます。そこから「天空の道」と呼ぶようになり、自然と「ラピュタの道」となったのだとか。ジブリ好きでなくてもぜひ一度行きたいスポットですね。

住所:熊本県阿蘇市狩尾原野
問い合わせ:阿蘇市観光協会/0967-32-1960
見られる時期:秋~初冬
営業時間:散策自由
アクセス:JR豊肥線赤水駅下車 車で30分
【車】熊本ICから車で1時間30分
駐車場:有/4~5台/無料
公式サイトURL:http://aso1592.jp/1592/2012/05/post-5da4.html

 

まとめ

いかがだったでしょうか? どこも幻想的なスポットばかりでしたね。僕的にはやっぱり竹田城がいま一番行きたいスポットではあります。

まとまった時間がとれれば、ぜひ行きたいと思います。それでは、ささのはでした。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Googleアドセンス用

Googleアドセンス用

-撮影スポット
-, ,

Copyright© ふぉとぷろむな~ど , 2017 AllRights Reserved.