週刊Photography

2018/08/11【週刊Photography】「SONY FE 400mm F2.8 GM OSSレビュー」他

投稿日:

夏の暑さにやられてグダッているお盆休み初日。みなさん、いかがお過ごしでしょうか? コミケに出かけた方、お疲れ様です。写真を撮りに出かけた方、お疲れ様です。家族サービスの方、お疲れ様です。

僕はというと、一日中部屋でゴロゴロしていました! ビバ! ゴロゴロ休日! でも、あんまりゴロゴロし続けると脳がトロけそうなので、とりあえず今週も気になったニュースを更新!

スポンサーリンク

今週の気になったニュース

カメラ・機材

情報が錯綜している時が一番楽しい。

「FE 400mm F2.8 GM OSS」(SEL400F28GM)はソニーのフルサイズミラーレスカメラ、αシリーズ(Eマウント)の超望遠レンズだ。

お値段もGの名前にふさわしい?

ミラーレスカメラが誕生してから今年でちょうど10年。その歴史を振り返りつつ、今後の展望を予想してみました。

もう10年なのですか。

厳冬期縦走を含んだ山岳写真撮影に対応できるカメラザックの決定版というものは未だなく、色々な方が独自のカスタマイズをしています。 そんな山岳写真の装備の選択が難しい状況のなか、f-stopという会社が登山でも使用できるザックと撮影機材収納ボックスをそれぞれ独立させ、また組み合わせることができるシステムを作りました。 他メーカーでよく見られるザックとの一体型ではありません。

収納BOXとして考えれば便利そうです。

こんにちは。しむ(@46sym)です。 マクロプラナーの為にニコンにメインカメラを移行してから約1ヶ月。やっぱり来ましたサブカメラ欲。 現状はα7IIIという、サブカメラにするにはもったいないサブカメラがいます。 ただ、レンズ群はニコンで揃えていこうと思っているので、必然的にαではMFのみになってしまうんですよね。 ツァイスのMFレンズを中心に集めていくつもりでいるのであまり問題はないのですが、いざという時にAF使えないのは怖いなぁなんて。 そんなことを考えながら、サブカメラを買うことにした理由と、その後悩みに悩ん...

最近は写真の人というよりも機材の人というイメージが強いw

テクニック・TIPS

写真とカメラに関するコラム・チュートリアル・レビューをいま話題のフォトグラファーが掲載するWEBマガジン。レタッチやテクニックに関するセミナーも定期開催。

決めとでも言うべきでしょうか。誰にでもあるので大事。

どうもこんにちは!ゆーせーです(・∀・) 写真が趣味の方にとっていつも頭痛のタネとなるのが写真データの管理だと…

いざという時の備えですね。

出張撮影の仕事を始めて5年、沢山の写真を撮らせていただいてきました。ご家族、子供、特別な日、普通の日…様々な写真が手元にあります。そんなこれまでのお客様達への恩返しの気持ちを込めて、今年6月に「持って帰れる写真展」というテーマで個展を開催しました。「会場に掲示してあるL判プリントをお持ち帰り頂ける」という作品展です。今回はこの展示についての、企画したきっかけや準備などの舞台裏から…そして当日の流れまでのポイントをまとめてお伝えしていきたいと思います! 写真展を開くって大変ですか? 個展を開く、という...

いつかはやってみたい?

僕も中野にいた頃はカメラ興味なかったので知りませんでした。

数年前から、やたらと「日本スゴイ」という内容のテレビ番組を見かけるようになりました。この種の日本賞賛番組に対する賛否は人それぞれでしょうが、以前のわたしは、そういった番組が結構好きでした。当時は無自…

なるほどー。

写真記・雑記

登山、登山、登山、登山。。。

土曜日に新宿で『クレイジー・フォー・マウンテン』を見た翌日の日曜日、北八ヶ岳の「にゅう」と「稲子岳」へ日帰り登山に行ってきました。クレイジーとは無縁な山行日記です。 稲子湯からニュウと稲子岳を周遊する日帰りハイク みどり池入口からニュウの表記ゆれを楽しむシャクナゲ尾根 ニュウの山頂展望を楽しむ 登山道を逸れて「稲子岳」へ…… 稲子岳南壁に沿った展望エリア 中山峠から黒百合ヒュッテに寄り道してしらびそ小屋へ 二酸化炭素硫黄冷鉱泉のお湯に入れる「稲子湯」 関連のありそうな記事

登山、登山、登山、登山、登山。。。

千葉を紹介するブログらしく「松戸花火大会」を撮影&鑑賞してきました、シャッターを開けておくタイミングが全くわからなかった><

今年は花火撮影しないうちに終わるかも。

担当が異動になったということは次からは?

まだ会ったこともないフォロワーからLINE@ に届いた、失恋の報告。1000日を超える時間を一緒に過ごした人が、彼女の家から去ってしまった。それも、”好きな人が確かにいた”という証拠や残り香は、きっとその部屋に残ったまま。二人はどんなきっかけで付き合い、同じ時間を過ごし、そして別れたのか。彼がいたはずの空間に一人でいる今、彼女はどんなことを思うのか。想像を超える胸の痛みの内側を知りたくて、大分県まで話を聞きにいくことにしました。

あとは時間が解決ですかね。

まとめ

というわけで、今週の気になったニュースをお送りしました。明日は気が向いたらコミケだな。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Facebook・Twitterへ最新記事をお届けします

-週刊Photography
-

Copyright© ふぉとぷろむな~ど , 2021 All Rights Reserved.