週刊Photography

2020/12/05【週刊Photography】「Nikon Z 6II レビュー」他

投稿日:

12月に入りました。暖かいと思っていたら急激に寒くなって、慌てて衣替えを進めている今日この頃。今週もサクッと週刊Photographyスタートです。

スポンサーリンク

今週の気になったニュース

カメラ・機材

Zの誕生から2年、2450万画素のスタンダードモデル「Z 6」の後継機「Z 6II」が登場しました。先代の「こうだったらいいな」をひとつひとつ叶えた「Z 6改」の進化の度合い...

うまくブラッシュアップされている?

SonyAlphaRumors に、ソニーが次に発表する新製品に関する噂が掲載さ...

なるほど。7の新作はまだ先なのかな。

カメラブ株式会社と株式会社ビックカメラは12月2日、新品カメラを購入前に持ち帰って試せる「テイクアウトレンタル」の店舗実証実験を行うと発表した。ビックカメラ渋谷...

気になりますです。

メガネ・サングラスの製造販売を手掛けるOWNDAYS(オンデーズ)は、2019年から実施している「機動戦士ガンダム」とのコラボレーション第3弾として、スマートフォンと連携...

どの辺がガンダム?

ブラザー工業の国内販売子会社ブラザー販売は、縫製前のシミュレーションができるプロジェクターを搭載した家庭用刺しゅうミシン「LUMINAIRE XP1(ルミナイアー XP1)」を...

なんか凄い。

テクニック・TIPS

演歌歌手・伍代夏子さんがカメラについて語りました。フルサイズミラーレス一眼カメラ「SONY α9」と、フルサイズ一眼レフ「Canon EOS 6D」の2台を愛用し、自身のInstagr...

ガチですやん。

Photoshop大好きsaizouですこんにちは。 今日はあなたが撮影した写真に手っ取り早く印象的な光を加える方法をご紹介したいと思います。 手法としてはそこまで目新しいも...

使い勝手良さそうです。

フォーサーズのこの先ってどうなんでしょうね。

2020年もあっという間に12月がやってきました。コロナ禍で外出する事自体が憚られる様になってしまい、今年こそ本当にあっという間に1年が過ぎてしまいました。 一時期...

身近な被写体があるって、写真を撮るモチベーションにも左右しますね。

2019年9月時点での全国利用率は92.9%となり、いまやクルマの移動にはなくてはならないETCですが、なぜ現在でも7%近いユーザーはETCを利用しないのでしょうか。

前いた会社は クレジットをとにかく嫌がりましたね。

写真記・雑記

いつも素敵な記事がたくさん。これからも楽しみにさせて頂いております。

夜のいちょう並木を撮る 東京のいちょうの名所である神宮外苑のいちょう並木。毎年かなりの人出で日中は歩くこともままならないのですが、早朝や夜なら人が少ないのでは...

夜の銀杏並木って新鮮でした。

国分寺駅前にある都立庭園「殿ヶ谷戸庭園」の紅葉を見てきました。殿ヶ谷戸庭園は多摩エリア唯一の都立庭園で、国の名勝にも指定されています。今年の7月に初めて訪れて...

紅葉良いですねぇ。

さくらももこ原作によるアニメ「ちびまる子ちゃん」でナレーションを務めるキートン山田が、2021年3月28日18時からの放送回をもって番組を卒業する。

来年春までですか。

漫画家・吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)氏原作の人気漫画「鬼滅の刃」最終23巻が4日、発売された。初版395万部と破格の発行部数となったが、都内の各書店では午… - ...

ほんと社会現象なんですね。

まとめ

というわけで、今週も気になったニュースをお送りしました。みなさま良い週末をお過ごしくださいませ!

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Facebook・Twitterへ最新記事をお届けします

-週刊Photography
-

Copyright© ふぉとぷろむな~ど , 2021 All Rights Reserved.