撮影スポット

工場夜景に萌えよう!日本七大工場夜景がFF7のミッドガルすぎる!

投稿日:2015年8月9日 更新日:

工場夜景TOP

カメラ好きなら一度は撮ってみたいと思わせられる被写体の一つが工場夜景。みなさんは興味ありますか? 僕はといえば、ありありです。というのも、昔大好きだったTVゲーム『FF7』を彷彿させるから。つい最近PS4でリメイクも発表されましたね。

一昨年と昨年と、今までに2回ほど川崎の工場夜景を撮りに行ったことがあるのですが、最初から最後まで興奮しっぱなしでした。なので、もちろん、今年も行こうかと思っています。

川崎のことは少しはわかってきたのですが、全国には『日本七大工場夜景』と呼ばれる素敵な場所があります。そこは川崎にも引けをとらない場所ばかり。

いつかは行ってみたいなと思っている自分用に今回はメモ代わりにまとめてみました。

スポンサーリンク

日本七大工場夜景をまとめてみた!

1. 川崎市【神奈川県】

川崎市工場夜景1

川崎市工場夜景2

川崎市の臨海部に広がる京浜工業地帯。この工場群が織り成す夜景は全国的に注目されており、作業用の明かりだけでなく、プラントから吹き出す水蒸気や炎が一体となって、より一層幻想的な雰囲気を醸し出しています。

平成22年度からは「川崎工場夜景バスツアー」が定期運行されており、普段は入ることのできない場所から工場夜景を鑑賞することができます。

特にバスツアーで最後に訪れる浮島町の夜景は必見!!

川崎市観光協会より

言わずと知れた、工場夜景萌えの発端地。関東で一番メジャーです。今ではデートスポットとしても定番? 女性でもFF好きが多いから? 工場萌え女子なんて単語もあるくらいですし。

2. 室蘭市【北海道】

室蘭市工場夜景1

室蘭市工場夜景2

photo credit: 室蘭市/フォトギャラリー

白鳥大橋のイルミネーション・ライトアップとともに、石油化学工場や製鐵所、製鋼所、造船所など、港を取り囲む工場群の保安灯が、室蘭の夜を彩ります。

平成22年5月からは地元企業による夜景ナイトクルーズがスタート。海上から工場夜景を鑑賞する約50分のクルーズが、好評を博しています

室蘭市公式HPより

工場群の規模は小さいものの、他の工業地帯とは異なる、見下ろす工場夜景鑑賞を楽しむことができるみたいです。広角好きにはたまりませんね。

3. 四日市市【三重県】

四日市市工場夜景1

四日市市工場夜景2

photo credit: 夜景壁紙.com

四日市市は、昭和30年代に日本で初めて形成された石油化学コンビナートを擁し、産業の街として日本の経済を牽引してきました。

発展の過程で大気汚染、工場排水による水質汚染等の公害問題も発生しましたが、市民・事業者・行政の懸命な努力によって大きく改善され、良好な環境を取り戻しました。

洗練された機能美を有する強大なコンビナートは、昼間は力強い威容を、夜間は幻想的な輝きをもって人々を魅了します。

近年の「工場萌え」ブームにより増加しつつある工場観賞愛好家から「聖地」と称される工場夜景を海上からお楽しみいただこうと、2010年7月より「四日市コンビナート夜景クルーズ」が行われており、大変好評を博しております。

四日市観光協会より

夜景クルーズは人気過ぎて、キャンセル待ちが続出なのだとか。また、海上・上空・陸上から鑑賞する工場夜景を『3D夜景』とPRされています。次に僕が行きたいと思っている場所です。

4. 北九州市【福岡県】

北九州市工場夜景1

北九州市工場夜景2

photo credit: 夜景壁紙.com

九州の玄関口に位置する北九州市。1901年の官営八幡製鐵所の開設以来、日本の近代化に大きな役割を果たしてきた北九州工業地帯には、製鐵所、化学工場などの工場群のすばらしい夜景が広がっています。

平成23年2月から開始した工場夜景群鑑賞ツアー。最近では、新日本三大夜景の皿倉山と工場夜景が鑑賞できるバス&クルーズツアー、老舗料亭のお弁当やビアガーデンなど食とのコラボなどいろいろな楽しみ方をご提案しています。

魅力ある北九州の工場夜景をぜひ一度ご覧ください!

川崎市観光協会より

黄色やオレンジ、さまざまな光に照らされる工場。まるでSFの世界ですよね。

5. 周南市【山口県】

周南市工場夜景1

周南市工場夜景2

photo credit: 夜景壁紙.com

 

周南市は工場夜景をより身近に感じられるところが最大の魅力です。JR徳山駅の南側に広がる工場夜景は、新幹線の中からでも楽しむことができます。

また、工場夜景の美しさを見て楽しむだけではなく、工場や煙突、立ち並ぶクレーンなどを動物に見立てて楽しむことができるのも魅力の一つです。キリンやゾウなど思い思いの動物を想像しながら眺めることで、より一層工場夜景を楽しむことができます。

そして、様々な工場夜景の鑑賞ツアーや宿泊プランがあることも周南工場夜景の魅力です。海上から工場夜景を鑑賞するクルーズツアー、客室から工場夜景を楽しめる宿泊プランなど、お好みに合わせて工場夜景を満喫できるツアー、プランをご用意しています。

周南市公式HPより

街と駅が近いのが売りな周南工場エリア。新幹線の北側には街が・南側には工場が一望できます。車がなくても遠征しやすい場所ですね。

6. 尼崎市【兵庫県】

尼崎市工場夜景1

尼崎市工場夜景2

photo credit: 風哭く日々/ウェブリブログ

尼崎市は、大阪湾ベイエリアに面し、日本有数の工業都市として発展してきました。同時に公害に苦しんできた歴史もありますが、市民・地元産業界がともに環境と経済の両立を目指したまちづくりに取り組み、平成25年には環境モデル都市に選定されました。  

シティプロモーションを推進するにあたり、まちの魅力を戦略的・効果的に発信する一環として、平成25年から工場夜景に着目した取り組みを始めましたが、それは、環境が改善し、工場が新しいまちの魅力となるというメッセージを伝えるものともなっています。  

尼崎の工場夜景は、工場とともに歩んできた街を象徴するかのように、身近で工場風景を楽しめる特徴があります。むき出しのパイプ、吹き出す水蒸気などを迫力ある写真で撮影することができ、訪問者に楽しまれています。

四日市観光協会より

関西で工場夜景といえば大阪チタニウムテクノロジーズが定番みたいです。なんだか名前も厨二っぽくてかっこいいですね。

7. 富士市【静岡県】

富士市工場夜景1

富士市工場夜景2

photo credit: 富士じかん

富士山の豊富な湧水から栄えた工業都市「富士市」。市内は、24時間操業の工場が多く、時間を問わず工場夜景が撮影できます。来年度から全国工場夜景サミットに「富士市」が第7番目の工場夜景都市として加わることが決定しました。

迫力満点の富士山を背景とした四季折々の魅力あふれる工場夜景を来て・見て・撮影してお楽しみ下さい。

富士商工会議所より

今年(平成27年)から、富士市が7番目の工場夜景都市に決定したそうです。富士山と工場夜景なんて萌えまくりですね!

まとめ

いかがだったでしょうか? 写真好きでなくても、ぜひ一度は行ってみたいと思えるスポットばかりですよね。僕はこれからの人生でどこも最低1回は行きたいと思っています。

いきなり遠出は無理なので、直近ではまた川崎に行ってきます。みなさんも良かったら行ってみてください。そして、良い写真が撮れたら教えてください。

それから、FF7好きの方、一緒に発売日を楽しみに待ちましょう!

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Facebook・Twitterへ最新記事をお届けします

-撮影スポット
-, , ,

Googleアドセンス用

Googleアドセンス用

Copyright© ふぉとぷろむな~ど , 2017 All Rights Reserved.