カメラ・機材

フルサイズミラーレス、どのメーカーを選ぶ? 各社大三元レンズで比較してみた!

投稿日:

12月に入りました。ボーナス時期も近づき、本格的にフルサイズミラーレスに移行しようか悩んでいます。このままCanonで行くか? はたまたSONYか? それともNikonか? いくら考えても答えにたどり着きません。

堂々巡り>挨拶

ボディだけで考えればSONYのα7 III一択のような気もするのですが、それは数年前から開発を先行しているアドバンテージがあるからに他ならない訳で。この先数年経てばまたどうなるかは全然読めません。今だけで比較しても意味がないんだ!

そこで思いました。ボディだけ比べてもしょうがないと。今後を見るならトータルで比較しないと意味がない!

だったらあとはレンズを比べて見るしかないやろうなぁ。比べるなら個人的に大三元一択やなぁ。。。

という訳でカタログスペックだけですが、比較して検討材料にしたいと思います!!

スポンサーリンク

フルサイズミラーレス、どのメーカーを選ぶ? 各社大三元レンズを比べてみた!

余計な前置きなどははすっ飛ばして早速各社のレンズを比較です!

広角レンズ

製品名RF15-35mm F2.8 L IS USMFE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM未発売
メーカーCanonSONY Nikon
発売日2019/9/272017/7/28-
価格
(2019/12月現在)
¥248,982(最安値)¥227,980(最安値)-
最大径x長さ88.5x126.8 mm88.5x121.6 mm-
重量840 g680 g-
フィルター径82 mm82 mm-
構成12群16枚13群16枚-
フォーカスAF/MFAF/MF-
絞り羽根枚数9 枚11 枚-
焦点距離15~35 mm16~35 mm-
最短撮影距離0.28 m0.28 m-
最大撮影倍率0.21 倍0.19 倍-
画角110.3~63 度107~63 度-
手ブレ補正機構-
防塵-
防滴-

軽さは圧倒的にSONYですが、Canonは広角側が15mmとSONYよりも1mm広い。それに加えて手ブレ補正付。広角は三脚で使うから手ブレはいらないと言われる方もいますが、ついてれば手持ちでも使えますし損はないのです。 NikonはF4通しは発売されていますが、F2.8は未発売。個人的にはCanonかな。

こんばんは!担当:Kです。 Canon (キヤノン) のR用の広角ズームレンズ「RF15-35mm F2.8 …
SONY Gマスターレンズに、大口径広角ズームがラインナップされました。広角とはいえ開放値はズーム全域でF2.8。ぼけを生かした作品作りを行うことも可能です。

レビューをペタペタ。

標準レンズ

製品名RF24-70mm F2.8 L IS USMFE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GMNIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
メーカーCanonSONY Nikon
発売日2019/9/272016/4/282019/4/19
価格
(2019/12月現在)
¥241,000(最安値)¥217,998(最安値)¥249,111(最安値)
最大径x長さ88.5x125.7 mm87.6x136 mm89x126 mm
重量900 g886 g805 g
フィルター径82 mm82 mm82 mm
構成15群21枚13群18枚15群17枚
フォーカスAF/MFAF/MFAF/MF
絞り羽根枚数9 枚9 枚9 枚
焦点距離24~70 mm24~70 mm24~70 mm
最短撮影距離0.21 m0.38 m0.38 m
最大撮影倍率0.3 倍0.24 倍0.22 倍
画角84~34 度84~34 度84~34.20 度
手ブレ補正機構
防塵
防滴

重さだけで行くなら Nikonが一番良さそうですね。値段ならSONY。Canonはレンズに手ブレ補正がついてる分、各社より重くて値段も高め。でも、今後ボディ内手振れ補正が採用されたら凄い性能を発揮できそう? 個人的にはCanon?

こんばんは!担当:Kです。 Canon のフルサイズミラーレス、「R」用のレンズ「RF24-70mm F2.8…
Eマウント大三元の標準ズームが登場しました。トップレベルの解像度に単焦点に匹敵するボケ味を実現させた傑作レンズの誕生です。実写レビューにてその写りをご確認くだ...
ニコンの最新光学技術を贅沢に注ぎ込んだ、S-Lineの大口径標準ズームレンズの登場です。絞り開放から振り切った解像力、なめらかで大きなボケ味は圧巻。ぜひご覧ください。

フルサイズミラーレス買うとしたら、標準ズームとセット一択!!

望遠レンズ

製品名RF70-200mm F2.8 L IS USMFE 70-200mm F2.8 GM OSS SEL70200GM未発売
メーカーCanonSONY Nikon
発売日2019/11/212016/9/30-
価格
(2019/12月現在)
¥299,595(最安値)¥245,000(最安値)-
最大径x長さ89.9x146 mm88x200 mm-
重量1070 g1480 g-
フィルター径77 mm77 mm-
構成13群17枚18群23枚-
フォーカスAF/MFAF/MF-
絞り羽根枚数9 枚11 枚-
焦点距離70~200 mm70~200 mm-
最短撮影距離0.7 m0.96 m-
最大撮影倍率0.23 倍0.25 倍-
画角34~12 度34~12.3 度-
手ブレ補正機構-
防塵-
防滴-

インナーズームを辞めたCanonがSONYよりも400g以上軽いという結果。70-200は良いレンズでしたが、重いのが難点でしたのでこれは大きなアドバンテージかも。値段が高いですが、発売されたばかりなので落ち着けばこなれるかな?  Nikonはまだ発売されていないので比較自体が出来ませんでした。個人的にCanonに軍配。

いよいよ登場となりました、Eマウント大三元の望遠ズーム。「G Master」の名に恥じない、ソニーの光学技術の粋を集めた究極の1本となりました。実写レビューにてその写...

軽いは可愛いと同じくらい正義!

まとめ

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うーーん。

ボディだけ比べた際にはSONYのα7 IIIの誘惑が凄かったのに、レンズだけ比較したら圧倒的にCanon贔屓になってしまった。なぜ!?

サードパーティ製も視野に入れればSONYも良いなぁと思えるのかも知れませんが、次の大三元は全部純正にしたいという野望があるのです! だとしたら、個人的にはEOS Rかな。

というか、 Nikonのラインナップがまだ揃っていなくて少し微妙だと感じてしまいましたね。なので、乗り換えを様子見している Nikonユーザーも多いのかも知れません。まだ待てる人は全部揃ってから検討するのが一番良いかもです。

僕はCanonに傾きつつあります”

関連記事

created by Rinker
キヤノン
¥306,899 (2019/12/10 23:49:38時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Facebook・Twitterへ最新記事をお届けします

-カメラ・機材
-, ,

Copyright© ふぉとぷろむな~ど , 2019 All Rights Reserved.