カメラやレンズを買うなら実質無料みたいなもの理論がおすすめ!

当ページのリンクには広告が含まれています。

実質無料

全世界のカメラ・レンズマニアのみなさんいかがお過ごしでしょうか? ささのはです。

突然ですが、みなさんは今欲しいカメラ、レンズはおありでしょうか?

広角レンズ、標準レンズ、望遠レンズ、単焦点レンズ、フルサイズミラーレス、中判ミラーレスなどなど、僕らカメラオタクの欲望は日々止まることを知りません。

欲しいのは山々ですが、カメラ機材って結構お値段しますから、日々の生活も考えたらなかなか思ったように買えませんよね。でも、本当は欲しくて欲しくてたまらない!

今回はそんなあなたに、実質無料みたいなもの理論を使えば幸せになれるかも? なお話です。

目次

実質無料みたいなもの理論で機材を買って幸せになろう!

さて、オタク界隈では認知が高まっている実質無料みたいなもの理論ですが、みなさんはご存じでしょうか? 古くはお笑い芸人のサンドウィッチマン、伊達さんが提唱したカロリーゼロ理論から派生したとかしないとか、な理論です。

・現金は記録に残らないので、使った感覚がないから出費にカウントしない

・一度電子決済にチャージしてから何かを買った場合、その時にお金を払っていないので“実質無料”

・ライブチケットはライブの数カ月前に購入しているので、行くときは無料に感じる

レベルが高くなるとこういったのもありますが、今回は初歩的なやつで対応したいと思います。

欲しい機材を耐久年数で計算したら実質無料!

例えば、僕は今SONYのナナニッパが欲しいです。

現在の標準販売価格は326,700円です。

こちらの発売は2021年の11月26日になります。旧型が発売されたのは2016年9月30日。約5年で後継機が登場していますね。ここから想像すると次の型が出るのは2026年末頃でしょう。

ということは、今このレンズを買えば新型が出るまで3年間は楽しめる計算になります。

1年は365日ですから、365×3=1095日

326,700円を1095日で割ると1日あたり298円になります。

さて、みなさんの日々の生活を想像してみてください。

タバコを吸われている方、1日何箱吸われていますか? 2箱ならそれを1箱に減らせば、健康にも気を遣えて、将来的に病院に回すはずだったお金もかからなくなるから実質無料!

間食を普段してしまう人、それをなくせば、体重も減って健康にもなるし、将来的に病院に回すはずだったお金もかからなくなるから実質無料!

アイドル現場で1枚1,500円のチェキを月に何枚も撮っている人! それを6枚減らせば、アイドルへのガチ恋も少し落ち着くし、その結果現場回数も減って貯金まで出来て実質無料!

普段何気なく使っているお金を減らせば実質無料!

少し真面目な話ですが、普段何となく使っているお金で余分なものって必ずあるのです。それをちょっと工夫するだけで機材なんてものはわりかし身近になってきます。

今まで何となく使っていたお金がそのままレンズやカメラに化けるだけなのだから本当に実質無料みたいなものだと思いませんか?

僕もアイドルに何十万と使った過去を振り返りながら、たくさんレンズを買えたなぁと思ったり思わなかったり。。。

もちろん思い出はプライスレスなので、過去の自分に後悔はないのですがね!

本当に欲しいならお金は捻出できるものなので、こういう考え方も悪くないといったお話です。

まとめ

実際、ローンの60回払い金利無料があるのも、月々5,000円から10,000円程度なら手が届く! って思うからですよね。スマホの24回分割だってそうです。

背中を押してくれるものはたくさんあります。買っても買わなくても後悔するなら、買って後悔した方が良いと個人的には思っている口なので。

どうです? 実質無料みたいなもの理論に乗っかって購入意欲が湧いてきましたか?

僕はみなさんの素敵なカメラライフを応援しております!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

風景やポートレートを撮っています。
詳しいプロフィールはこちら。

コメント

コメントする

目次