カメラ・機材

ついに発表!Canon EF70-200mm F2.8L IS IIIとF4L IS IIを旧型と比較してみる!

投稿日:

キヤノン:EF70-200mm F4L IS II USM /EF70-200mm F2.8L IS III USM 特長紹介

みなさん、こんにちは。最近、カメラの機材とは縁遠く、気づけば自転車のことばかり考えているささのはです。それもこれも目ぼしい機材がないからなのですが、久しぶりに目が輝く発表があったので、今回ばかりはやる気を出して記事にします。というか、胸をなでおろしながら平常心で更新できます! 理由は後述。というわけで、付き合ってください!

スポンサーリンク

Canon EF70-200mm F2.8L IS IIIとF4L IS IIを旧型と比較!

さて、僕が昨年「EF70-200mm F2.8L IS II」を購入したのは、このブログの読者みなさんなら周知の事実。後継が発表されるという噂を日々目にしながらも、待ちきれなくて購入したわけです。その辺は下記の記事参照なわけですが。

憧れの大三元!「Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM」がやってきた!
みなさん、こんにちは、ささのはです。またまた唐突ですが、あたい、ついにやりました。あたい、憧れの大三元白レンズをついに手元に!!!憧れの大三元!「Canon EF70-...

今回、発表されるにあたり僕は焦っていた。どの程度スペックが上乗せされるのか? 衝撃的に軽くなっていたらどうしよう? そしたら、買い換え? うーんとね。レンズの買い時期は本人が欲しいと思った時が一番だと思うが、見極めがなかなか難しく、買ったら後継が発表されてしまってショックだったという事態は誰もが避けたいものだ。

これはいうまでもなくレンズのサイクルが長期スパンに他ならないからで、5年、6年は当たり前、中には10年を超える現役レンズもいる。そのようなサイクルの中、レンズを購入したばかりのタイミングで後継に当たってしまった時のショックは計り知れない。

今回発表された2本のレンズもその口で、旧型のF2.8が発売されたのは2010年の3月、F4に至っては2006年の11月だ。そのような入れ替えサイクルであるから、F2.8を購入したばかりの僕はドキドキしていたわけだ。いやまぁ、最悪劇的に性能アップしていれば、旧型売却して上乗せして買えばいいかとは思ってはいたが。

そんなわけで、僕の思いを主に混ぜつつ、新旧比較いってみよう!

まずは12年ぶりのリニューアル!EF70-200mm F4L IS II

製品名EF70-200mm F4L IS II USMEF70-200mm F4L IS USM
発売日2018/6/282006/11/23
価格
(2018/6 現在)
¥160,000 前後¥120,000 前後
構成15群20枚15群20枚
絞り羽根枚数9枚8枚
最短撮影距離1 m1.2 m
最大撮影倍率0.27 倍0.21 倍
画角34~12 度34~12 度
手ブレ補正5.0 段4.0 段
最大径x長さ80x176 mm76x172 mm
重量780 g760 g
フィルター径72 mm67 mm

何と言っても注目は手ブレ補正が4.0段から5.0段に進化。これまで三脚に頼らざるを得なかった屋内や夜間撮影での可能性が広がります。今まで以上にレンズを気軽に持ち出せるようになり、撮影に集中できそうですね!

また、最短撮影距離が0.2m短くなったのもポイント高い。0.2mというとあまりピント来ませんが、公式の写真を見るとこんなに違うんだと実感できます! あと、ISモード3というのは便利そうではあるんですが、実際に使ったことがない僕にはいまいちピンと来てません。。。

フッ素コーティングは撮影時にフィルターを付けている人にはあまり関係なさそうですが、フィルターを外す機会が多い人や、プロなんかには受け入れられそう?

総合すると、こちらは流石に12年経っているだけあり、順当に進化したと言えそうです。

続いて問題のEF70-200mm F2.8L IS III

製品名EF 70-200mm F2.8L IS III USMEF 70-200mm F2.8L IS II USM
発売日2018/9/中旬2010/3/19
価格
(2018/6 現在)
¥260,000 前後¥220,000 前後
構成19群23枚19群23枚
絞り羽根枚数8 枚8 枚
最短撮影距離1.2 m1.2 m
最大撮影倍率0.21 倍0.21 倍
画角34~12 度34~12 度
手ブレ補正3.5 段3.5 段
最大径x長さ88.8x199 mm88.8x199 mm
重量1480 g1490 g
フィルター径77 mm77 mm

EF70-200mm F4L IS IIにも採用されたフッ素コーティングとフレア・ゴーストを大幅に抑制するASCが採用されたのが旧型との大きな変更ポイント。

ASC(Air Sphere Coating)とは

レンズ表面の蒸着膜の上に二酸化ケイ素と空気を含んだ膜を形成して、光の反射を抑制する技術。光学ガラスよりも屈折率の低い空気をコーティング内に一定の割合で含ませることで、超低屈折率膜を形成。特に垂直に近い角度で入射する光に対して、高い反射防止効果を発揮します。

引用:キヤノン:EF70-200mm F4L IS II USM /EF70-200mm F2.8L IS III USM 特長紹介

さて、こちらは基本的にII型の性能を引き継いだマイナーアップデートに近い形というのが現状での僕の感想。確かに今のままで逆光耐性が上がれば完璧だという声が少なからずあったのは事実ですが、実際にそれだけやられてもユーザーは正直うーんと唸ってしまうでしょう。とはいえ、実際にまだ作例が上がってきていないので、劇的に進歩している可能性がないとは言い切れませんが。

まとめ

F4については進化した! だから旧型を持っていても買い買えろ! と言いたい。反面、F2.8については現在持っているなら見送りか、要検討! と言いたい。

僕個人として、F2.8のこのバージョンアップはホッとしたの半分、寂しさ半分です。昨年レンズを思い切って買ったとき、新型が出て劇的に性能アップしたらどうしよう? という思いが少なからずありました。

その思いを振り切ってまで買ったレンズ。性能アップしていたらアップしていたで、ショックを受けたことは間違いないですが、メーカーとはユーザーの想像の先を行くべきでしょう? 我々を驚かせて欲しいわけですよ。10g軽くなったってなんすか? そこは100gでしょう! いや、技術的に難しいんだろうなということはわかって言っていますよ?

とにかくCanonは昔から堅実すぎる。尖ったことができない。これでは予定されているフルサイズミラーレスへの希望が持てない。頼みますよCanonさん。そこのところわかってます? ユーザーの期待に答えてください!

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Facebook・Twitterへ最新記事をお届けします

-カメラ・機材
-, ,

Copyright© ふぉとぷろむな~ど , 2018 All Rights Reserved.