Mac

【レビュー】27インチ iMac Retina 5K 2015 ディスプレイモデルを1ヶ月使ってみて。

投稿日:2016年2月11日 更新日:

iMac2015 review

今年の1月にWindowsユーザーからMacユーザーになりました、ささのはです。まだ新米マカーもいいところ、よちよち歩きのペーペーです。

iMacがうちに来てからというもの、触らない日はなく、毎日楽しくパソコンライフを送っているわけですが、ちょうど購入してから1か月が過ぎたので、この辺で感想を書きたいと思います。購入を検討しているみなさんの少しでもお役にたてばです。

スポンサーリンク

今回なぜ27 インチ iMac Retina 5K Late 2015を購入したのか?

その前にiMacの前のパソコンの話

それには、僕の趣味が深く関係しています。もともと僕は趣味という趣味はなく、しいて言えば、漫画やアニメなどは普通の人に比べれば少し好きかもしれないっていう人でした。

学生時代はこの趣味にお金をかけていた時代もありましたが、最近ではコミックもほとんど買わない、ゲームは時間がとれないからやらないと、どんどん遠ざかっていくばかり。毎日をなんとなくぼーっと過ごしていました。

ただ、昔からネットを見るのは好きでした。普段パソコンで見ることが多いのですが、パソコンはそれ以外の利用用途がなく、ほぼネット専用。たまにWordやExcelをいじる程度なのでハイスペックなパソコンが必要なはずもありません。

iMacの前に購入したパソコンは、ちょうど5年前にそのさらに前のパソコンが壊れたので、間に合わせに買ったものでした。スペックは以下。

本体:Lenovo Windows7 PC
CPU:Intel Core i3 3.1GHz
メモリ:4GB
HDD:Cドライブ50GB+Dドライブ400GB+外付け2TB
ディスプレイ:BENQ G2400W 24インチ WUXGA(1920x1200)

本当に必要最低限のスペック。まぁ、当時Amazonで4万くらいだったから、こんなもんですよね。これでも満足していたんです。そう、一眼カメラに出会うまでは!

一眼カメラに出会ってからパソコンをネット以外でも使うようになった!

imac_creative-cloud

こんなにハマるとは思っていなかった一眼カメラ。良いカメラを使うと、当然パソコンもハイスペックなものを使わないと対応できないんですね。今まで写真の編集なんてしたことなかったもんだから知りませんでした。

特に 「写真データを現像する」という作業を覚えてからはそれが顕著でした。ハイスペックなパソコンをお使いのみなさんが写真を100枚現像するのに5分かかるとしたら、僕は15分かかっている。1時間かかる作業だったら僕は3時間かかる!?

と、まぁ、これは言い過ぎかもしれませんが、とにかく時間を無駄にしているんだということに気づいたんです。

それとモニター。きちんと色が出るモニターを使わないと、自分の写真の本当の色がわからないというのも、カメラサークルに入って仲間に初めて教えてもらいました。

それからはもう新しいパソコンを買いたいという思いがどんどん強くなっていきました。ちょうどその気持ちが強くなった頃に発表されたのが、iMac 5Kモデルだったのです。

僕の27インチ iMac Retina 5K Late 2015 カスタム構成

27インチ iMac Retina 5K Late 2015

上の話を少し補足しておくと、僕は実際に購入まで至ったのは1年後で、それまで延々悩んでいました。

というのも、iMacを買ったほうが良いのか、それともMac mini+EIZO モニターが良いのか、はたまた Windows機+EIZO モニターが良いのか? うーんみたいな(笑)。

スマートにいっていれば2014モデルだったんですが、1年悩んだので結果2015年モデル!

実際にカスタマイズして購入したのが下記です。

iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015)
ディスプレイ: IPSテクノロジー搭載27インチ(対角)Retinaディスプレイ (5,120 x 2,880ピクセル)
プロセッサ: 4.0GHzクアッドコアIntel Core i7(Skylake-S Turbo Boost使用時最大4.2GHz)
メモリ:24GB=8GB 1,867MHz DDR3 SDRAM(4GB x 2)+後付け16GB 1,867MHz DDR3 SDRAM(8GB x 2)
ストレージ: 2TB Fusion Drive
グラフィックス: AMD Radeon R9 M395(2GB GDDR5 ビデオメモリ搭載)
キーボード:Magic Keyboard
マウス:Magic Mouse 2

接続と拡張性
◾ヘッドフォンポート
◾SDXCカードスロット
◾USB 3ポート x 4(USB 2にも対応)
◾Thunderbolt 2ポート x 2 ◦Mini DisplayPort出力
◾10/100/1000BASE-TギガビットEthernet(RJ-45コネクタ)
◾Kensington社ケーブルロック用セキュリティスロット

サイズと重量
◾高さ: 51.6 cm
◾幅: 65.0 cm
◾スタンドの奥行き:20.3 cm
◾重量: 9.54 kg

オレンジ文字で強調している部分がデフォルトと変わっている部分です。

27インチモデルの最上位を基本とした!

去年までだったら、1TBのFusion Driveモデルを悩むことなく買ったと思います。僕も実際買う前は、このモデルにしようと思っていました。

でも、よくよく調べてみるとこの1TBモデル、去年までなら128GBのSSDが積まれていたのですが、今年から容量が削減されて24GBになっている。実際体感ではわからないレベルなのかもしれませんが、なんとなく腑に落ちません。

高い買い物です。後からやっぱり上位モデルにしておけば良かったーってなるのは嫌なので、思い切りました。結果2TB Fusion Driveモデルです。

CPUを4.0Ghzクアッドコア Core i7に変更した!

Core i5とCore i7の違いは、核となるプロセッサコアの数。i5は2つでi7は4つです。人間で例えるなら、2人で作業するのと4人で作業するのとの違いです。

大は小を兼ねることと、後から変更が利かない部分であるので、ここはカスタマイズしました。

メモリを後付けで24GBにした!

27インチモデルは後から自分でメモリを増設することができるので、ショップでのカスタマイズはしませんでした。もともとの8GBに後から購入した8GBのメモリを2枚足して24GBです。

特に問題もなくサクサク動いています。気が向いたら、最初の8GBを抜いて32GBにするかも。購入したメモリは下記です。

27インチiMac Retina 5K Late 2015を1ヶ月使った感想

まず第一に27インチってものすごく大きて大丈夫かな? っていうのが最初の不安でした。でも、全く心配いりませんでした。使ってみると、大画面って本当に便利。もうこれより小さいサイズは考えられないってくらいです。

文字も写真もすごく見やすい。Retinaの5Kってこんなに綺麗なんだと感動しました。

Lightroom、Photoshopがサクサク快適!

前のパソコンではいちいち切り替えに時間がかかったり、読みこみに時間がかかったりストレスがたまることが本当に多かったんです。でも、今はサクサク動いてストレス解消。これまでの不満がウソのようです。

これからは今まで敬遠していた比較明合成もどんどんやっていきたいと思います。そのためにもっともっといっぱい写真を撮りたい!

使っているとデスクトップ上を常に綺麗にしたくなる!

20160211 Dock

Macユーザーのデスクトップ画面って綺麗なイメージがありませんか? 反してWindowsユーザーのデスクトップ画面は賑やかな感じ。これ、みんなこの下にあるバーのおかげだったんですね。

Windowsユーザーだった頃は、Macってなんだかとっつきにくいイメージで、ここにあるバーもなんのためにあるのかよくわかっていませんでした。とりあえず、ここにSafariがいて、ネットが出来るくらいしか知らなかった。

でも、このバーが自分なりにカスタマイズして使用できる大変便利なものだと知ってからは180度考えが変わりました。Dockっていう名前もあるみたいで、今では愛着がわいています。

27インチiMac Retina 5K Late 2015は想像以上の満足感!

購入する前は高い買いものだし、買って後悔するの嫌だなーって思ってました。でも、今の所そんなこと一度も思っていません。むしろ、何でもっと早く買わなかったんだろうって。これ1台あれば何でもできそう! それくらい満足感があります。今手探りで必要なソフトを探す作業も楽しい。

そして、デザイン面も今さらながらやっぱりオシャレですよね。あると絵になります。洗練されてます。機会があれば、このパソコンの中がどうなっているのか見てみたい気も。中も洗練されてるんですかね。

iMacを購入検討している人へ

写真編集や映像編集をしたい僕みたいな人だったら買って100%間違いないと思います。サクサク感と画面の綺麗さに感動すること間違いなしです。

反対に、ただなんとなくオシャレでとか、かっこいいからっていうんだったら、個人的には少し検討して購入した方が良い気がします。

僕はネットと写真編集しかしていなかったから、WindowsからMacに移行しても、そんなに不便さは感じていませんが、やっぱり世間ではWindowが主流です。何かソフトウェアを探す場合はWindowの方が有利な場合が多いです。

Windows用は便利なフリーソフトも溢れていますが、Mac用はやはり絶対数が少ないです。有料ソフトだってWindowの方が当然多いですし。なので、Macを購入する前に今使っているソフトの代わりになるものがあるのか調べておくのも良いかもしれませんね。

まとめ

まだ1ヶ月しか使っていませんが、それでもこの27インチ iMac Retina ディスプレイモデルを購入した満足感は日に日に高くなっていっています。いろいろ使いこなせてない部分も多いので、それが1つずつクリアされていくごとに、また感動するんだろうなーと、他人事のように思っています。

画面が大きくなってサクサクになったおかげでブログの更新も捗っています。なので、今までやっていなかったような専門的なことも取り上げたくなってしまうのです。

今現在購入を検討されている方で悩まれている方、僕で良かったら少しくらいは相談にのりますので、気軽にお声掛けください。特に同じように写真趣味の方だったら力になれるかもです。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Googleアドセンス用

Googleアドセンス用

-Mac
-

Copyright© ふぉとぷろむな~ど , 2017 AllRights Reserved.