カメラ・機材

【2015年秋】僕がおすすめの写真編集に最適なパソコン5選!

投稿日:2015年8月27日 更新日:

 iMac Retina TOP

突然ですが、みなさんはパソコンのスペックに不満はないですか? 写真を撮るだけの楽しい時期を卒業すると、写真編集に興味が出てくるようになります。

最初は写真はjpegで撮っていたと思います。でも、あるときからRAWという選択肢を知り、全てRAWで撮るようになる。

そうなってくると、編集にはライトルームを使ったり、フォトショップを使ったりと、いろいろパソコン自体にパワーが必要なケースも増えてきます。

そんなとき、ふと思うのです。あれ? 今の僕のパソコンではスペック不足で、新しいパソコンを買った方がいいんじゃないのかな? って。

僕も今、そんな時期に突入しています。今回は、僕が買い替えを検討するにあたって、良いなぁと思っているパソコンを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【2015年秋】写真編集に最適なパソコン5選!

と、その前に。僕の現状を軽く紹介しておきたいと思います。

今回、なぜパソコンの買い替えを検討しようと思ったかというと、Cドライブの空き容量が2Gを切ったからです!! まさに瀕死。死にそう!!

参考までに現在の僕のPCスペック

本体:Lenovo Windows7 PC
CPU:Intel Core i3 3.1GHz
メモリ:4GB
HDD:Cドライブ50GB+Dドライブ400GB+外付け2TB
ディスプレイ:BENQ G2400W 24インチ WUXGA(1920x1200)

パソコン本体は、今から4年前に何となく買ったもの、モニターに至っては、今から7年くらい前までさかのぼって買ったもの。

写真を始めてから、現在までこのスペックで頑張っていましたが、いかんせん何となく買ったものなので、スペック不足は否めない。

ちょうど、そんなとき、Cドライブが圧迫されてきたんです。

断っておきますが、CドライブにはOSが入っている以外には、ほとんどアプリは入れておらず、ちゃんとDドライブに入れてあるんですよ。

だって、OSが入っているWindowフォルダだけで31GBも使用していたんです。

自動更新をオンにしてあるとはいえ、高速インターネット通信が当たり前の時代。だんだんとデータも重くなってきたんだなと、しみじみ感じました。

重すぎるよ!!! Windows7!!!!

とはいえ、これには実はオチがあって、僕がWindowsシステムのクリーンアップを今までに一度も実行していなかったんですよね、それで、不要なデータが7GBくらいあって、無事にクリーンアップをした現在はHDDの残りは9GBくらいになっています(笑)。

とはいえ、それでも容量の空きが少ないのは事実。これがパソコンの買い替えを促す要因になったのでした。

閑話休題。

とうわけで、ようやく本題。僕が写真編集に最適だと思って検討中のパソコンの紹介です!

iMac Retina 5Kディスプレイモデル【Apple】

iMac Retina

本体:iMac Retina 5Kディスプレイモデル
CPU:Intel Core i5 3.5GHz/クアッドコア
メモリ:8GB
HDD:1TB Fusion Drive
ディスプレイ:27インチ Retinaディスプレイ(5120 x 2880)
価格:約26万円

※標準仕様時

まず、なんと言ってもやっぱり僕はiMacだと思うわけで、昔からずーっと憧れがありました。今まで使っていたWindowsのソフトが使えなくなるという不便はありますが、それを取り除いても断然魅力的じゃありませんか?

なんていうか、まずかっこいい! スタイリッシュ! そして、液晶はRetinaディスプレイ。写真編集なら、今まで使っていたソフトがそのまま使えそうですし、実は思ったよりも不便にはならないかも?

購入するなら、しっかりとカスタマイズして買いたいですね。次点でMacbookも検討中ではあります。

dynabook KIRAシリーズ【東芝】

dynabook KIRA

本体:dynabook KIRA VB83/RS PVB83RS-KHA
CPU:Intel Core i7 5500U(Broadwell) 2.4GHz/2コア
メモリ:8GB
HDD:512GB【SSD】
ディスプレイ:13.3 インチ WQHD(2560x1440)
価格:約25万円

※公式通販専用モデル

パソコンを持ち運びたいとすれば、やっぱりノートでしょ! ってことで、東芝のKIRAシリーズも実は気になっています。

キラと聞くと、どうしてもデスノートのあいつを思い出してしまいますが、当たり前だがまったく関係はない様子。

Windowsパソコンにこだわる場合はこれが良い気がします。写真に最適と言うだけあって、AdobeのPhotoshop Elementsが最初からインストールされているのもポイントが高いです。

レイトレックシリーズ【ドスパラ】

Raytrek

本体:Raytrek LC-E K2
CPU:Intel Core i7-5820K (6コア/定格3.30GHz)
メモリ:32GB
HDD:2TB
ディスプレイ:別売
価格:約27万円

※標準仕様時

これだけのパワーがあれば、10年くらい戦えそう? ドスパラは、もともと自作ユーザーに優しいショップで、写真編集に特化したパソコンを組んでくれたんですね。

モニターが別売りなので、これにモニター代を考えると、なかなか悩むところではあります。買うとしたら、やっぱりEIZOのモニターかな。

写真編集(RAW現像)モデル【TSUKUMO】

TSUKUMO PC

本体:PM5J-B63/E
CPU:Intel Core i7-5820K (6コア/定格3.30GHz)
メモリ:8GB
HDD:1TB
ディスプレイ:別売
価格:約9万円

※標準仕様時

やや現実的な値段路線のツクモ製のパソコン。やっぱりネックは液晶ディスプレイが別売りなところ。また、このスペックではやや物足りなさを感じるので、購入にはカスタマイズが必須ですね。

MDV for Photoシリーズ【mouse computer】

MDV for Photo

本体:MDV-QX7020B-DP-Lr6(X99 i7モデル)
CPU:Intel Core i7-5820K (6コア/定格3.30GHz)
メモリ:16GB
HDD:240GB【SSD】+2TB
ディスプレイ:EIZO CX241-CNX 24.1インチ WUXGA(1920x1200)
プリンター:Canon Pro-10S
価格:約49万円

※標準仕様時

うーんと、書いていて思いました。とってもブルジョワモデル! 今の僕ではとても買えそうにありません。っていうか、プリンターまでついてますよ!

このセットだったら、プロでもやっていけそうだなぁ。うーん。

でも、値段が値段なので、ちょっと現実的ではないかも。それでも完売しているようですので、買う人は買うんですね。驚きです。

まとめ

パソコンが壊れたわけではないので、近々すぐにパソコンを買い換えるわけではないです。

でも、現実問題、スペック不足は日々痛感していますし、いづれは買い替えないといけないなと思ってはいるので、そのうち買うことにはなるでしょうね(笑)。

現在の選択肢としては、やっぱりiMacが一番気になっているなーっていうのが正直なところです。2015年秋には新しいモデルが投入されるという噂もあるので、とりあえずそれまでは待ってみます。

もし、劇的に惹かれるモデルが登場したら、すぐに買っちゃうかもです。

その時は報告しますね(笑)。

【2016/01/11追記】

買いました! 下記記事にて。

現像だってサクサクしたいから。iMac Retina 5K 2015を買ってみた!
さて、皆さん、今年は僕は今まで以上に写真をたくさん撮りたいと話していたのは覚えていますか? そして、今まで以上にたくさん写真を現像したいとも言いました。でも...

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Facebook・Twitterへ最新記事をお届けします

-カメラ・機材
-, ,

Googleアドセンス用

Googleアドセンス用

Copyright© ふぉとぷろむな~ど , 2017 All Rights Reserved.