カメラ・機材

待望の広角ズーム!「TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD」がやってきた!

投稿日:

みなさん、こんにちは、ささのはです。突然ですが、あたいやりました。あたいついに広角ズームレンズを手に入れました!

スポンサーリンク

TAMRON(タムロン) SP 15-30mm F/2.8 Di VC USDがやってきた!

購入までの葛藤

思い起こせば、広角ズームがすごく欲しい、欲しいと思いながら早1年くらいが過ぎました。購入まであと一歩という気持ちもあったのですが、それをさせない事情がありまして。というのも、当初はCanon純正のII型を考えていたのですが、使用者のレビューを見ていると、あまりにも評判が悪い。

これは買えないなーと思っていたところに、TAMRON 15-30が目につくわけです。早速ネットで情報を調べてみると、評価はNikonの神レンズと呼ばれる14-24に比べて遜色がない出来、加えてコストパフォーマンスも抜群! これは買うしかない! と一度は思いました。

そんな折、今度はCanonのIII型の噂が出始めるわけです。ここまできたからもう少し待ってみるかぁ。そして、待っていたら噂通り発表。僕、ここで少しげんなりしちゃいました。最広角側が16mmより下であれば間違いなく買ったと思うんですよね。でも、蓋を開けてみたら16mmのまま。Nikonに勝とうという気概が感じられない!

その前に11-24mmっていうF4通しの超広角レンズが出ていたから、F2.8も16mm切ってくれるという期待がどこかにあったんですよね。でも、それがない。うーん。今度こそTAMRON買おう!

そう思っていたところに今度はSIGMAのArtラインの噂ですよ。またこのタイミングで!? 乗りかかった船だ、詳細わかるまで待つ!

で、発表! 12-24mm! これは来たか! と思いました。・・・でもね、F4通しだったんだなぁこれが。僕としては今後、星景写真を撮っていきたいという気持ちがあったので、F値はどうしても2.8通しにこだわりたかった!

そして購入に至った!

ここまで散々待ってもう悔いないよ! ということで、納得してTAMRONの15-30を購入決断しました。純正は値段も想定より強気だった上、16mm f2.8で周辺減光も顕著という結果に少し萎えたのも理由。

というわけで、購入しましたよ!

箱。待望の開封の儀へ!

専用のポーチなどの付属品はなし。説明書くらい。

取り出してみた。店頭でも感じたのですが、このレンズ手ブレ補正が付いていることも影響して重さ1100gとなかなかにヘビー級のレンズ。でも、なんというか重いと重厚感も出るんですね。安っぽい感じは全くなく、むしろ高級感が出ています。あと、散々重い重いという情報が耳に入っていたので、むしろ思っていたより軽いぞ? って感じでした(笑)。

フードを外して見た。前玉がせり出して特徴的な出目金レンズ。扱いには注意が必要そう。

本体に装着してみた。

キャップを外したバージョン。

レンズ正面から。

まとめ

というわけで、まずは購入編ということでその外見のみをアップしてみました。まだ試写は全くしていないので、試し次第、写真をアップします! 楽しみにしていてください!

最後にこれで締めたいと思います。

TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD、イヤッッホォォォオオォオウ!

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Facebook・Twitterへ最新記事をお届けします

-カメラ・機材
-, ,

Googleアドセンス用

Googleアドセンス用

Copyright© ふぉとぷろむな~ど , 2017 All Rights Reserved.