雑記

【感想】映画「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」僕が守れるのは…

投稿日:

「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」 | 青春ブタ野郎シリーズ

アニメからハマった青春ブタ野郎シリーズ。その続編が映画として公開されたので、楽しみにしていた私は初日に観てきました!

スポンサーリンク

【感想】「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」

あらすじ

空と海が輝く街"藤沢"に暮らす梓川咲太は高校二年生。
先輩で恋人の桜島麻衣と過ごす心踊る日常は、初恋の相手、牧之原翔子の出現により一変する。
何故か翔子は「中学生」と「大人」がふたり存在しているのだ。
やむなく翔子と一緒に住むことになった咲太は「大人翔子」に翻弄され、
麻衣との関係がぎくしゃくしてしまう。
そんな中、「中学生翔子」が重い病気を患っていることが判明し、咲太の傷が跡が疼き始めるー。

説明するまでもないこの映画は、TVアニメ版で登場はしたが、謎のままだった牧之原翔子の秘密が全部明かされる。

それは、咲太が背負うには重すぎる現実で、2人の間で揺れ動くことになるのだ。

麻衣と翔子という「現在」と「過去」のヒロイン

咲太にとって「現在」のヒロイン(彼女)は麻衣であることはいうまでもない。野生のバニーガールに出会って、校庭で愛の告白をして、それからも色々乗り越えて今がある。

一方の翔子は咲太にとって「過去」のヒロイン(初恋の女性)だ。色々あった中学時代、偶然出会った翔子に心を救ってもらったことがある。今そこに愛はないが、彼女への思いは今も根強く残っている。

その2人を咲太が天秤にかけなければならないのが本作だ。

麻衣の想い

TVアニメ版を見ていた時は、そうでもなかったのだが、私はこの作品で一気に麻衣のことが好きになった。これは制作者側からしたらしてやったりと思うのかもしれない。

というのも、TVアニメ版でも麻衣は咲太のことが好きなんだなーとはわかるのだが、想いの強さはいまいち測りかねていた。そこでこの映画である。

咲太のことが本当に好きなんだと言葉に出す彼女。泣いて訴えて、咲太にすがるシーンに私は年甲斐もなく、ああ、麻衣さん、本当に咲太のことが好きだったんだなぁと、気づけば涙していた。

そして、物語の中盤に決定的なシーンが訪れる。それは、予想だにしていなかったシーンで、ああ、麻衣さん、麻衣さんと咲太に感情移入せずにはいられないのだ。

翔子の想い

「中学生」と「大人」2人の翔子。それには彼女の"思春期症候群"が深くかかわってくる。咲太の前ではいつも笑って、どこか掴めない「大人」な翔子。一方、咲太のことを慕っていて、儚げな「中学生」な翔子。

「大人」な翔子は余裕があるように見えるが、実は強い想いを持っていて、彼女の心情を思うと、やはり涙せずにはいられない。それは「中学生」な翔子に深くかかわってくるからだ。

咲太の想い

麻衣と翔子、2人の間で揺れる咲太。単純な恋愛であれば、煮え切らない咲太にこちら側はイライラするだけであるが、本作はそうではない。彼の気持ちは痛いほどわかる。どちらも大事であるから、選べるはずなんてないのだ。

究極の選択は、時に人を立ち止まらせ悩ませる。それは、人に教えて貰える完璧な正解などなくて、本人が決めるしかない。

咲太が最終的に出した答えとは…

そして、それによって麻衣と翔子は…

これが物語の核心であり、その結末はぜひ映画館で観て本人で確かめて欲しい。

彩る魅力的な脇役たち

余談であるが、ヒロインズはいうまでもなく最高だが、本作は脇役たちも本当に素晴らしい。それは、要所要所で咲太に重大な影響を与え、私は思わず、「ああ、咲太、君は本当に青春ブタ野郎だね。」と呟かずにはいられないのだ。

まとめ

そんなわけで、本作は珠玉の名作と言っていい部類に入ると個人的には思う。まだ観てない方はぜひ映画館に足を伸ばして欲しい。

私はしばらく青ブタ熱が冷めそうにない。

最後となるが、

映画公開記念!! 全巻まとめ買い!!!!!

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Facebook・Twitterへ最新記事をお届けします

-雑記
-, ,

Copyright© ふぉとぷろむな~ど , 2019 All Rights Reserved.