写真の基本・テクニック

今年こそ桜を綺麗に撮りたい僕が、チャレンジしたい11の撮り方。

2016/03/02

トップ桜

唐突ですが、今年こそきちんと桜を撮りたいです。カメラを始めて3年目に入るわけですが、まだ素人に毛が生えた程度の僕。桜って目で見るには、凄く綺麗ですが、写真に残そうとするとなかなかやっかいです。ここ2年ほどは、これじゃなかった感が半端なかったです。まぁ、桜を本腰を入れて撮っていなかったので、経験自体が少ないというのもありますが。

でも、いつまでもそれじゃあ駄目だと思うので、今年こそはたくさん桜の写真を撮って何か学びたいと思っています。その為に、事前に桜の綺麗な有名スポットを整理しておき、どんな写真を撮りたいかを今から考えておきたいと思います。

スポンサーリンク

まずは、僕が今年、桜を撮りに行こうと思っている場所

さっそく紹介していきたいと思います。

上野恩賜公園

上野公園桜

上野恩賜公園公式ホームページ

とっても桜が綺麗な公園で2年前に僕が撮った写真がこれ。露出が適正でない為に、空が白く飛んでしまっていますね。個人的にこの構図は好きなのですが、空が青かったらと思うと悔しいばかり。なので、今年はこの構図で空を青くして絶対撮ります!

大宮公園

大宮公園桜

埼玉県大宮公園

夜に行って屋台と花見客の楽しい雰囲気を撮りたかったはずなのに、出来上がった写真がこれ。この時は全体を入れて写真を撮るのが良いと思ったのですが、今思えば切り取るのが良かったですね。今年は、花見客と桜を切り取って写真を撮りたい。

千鳥ヶ淵公園

千鳥ヶ淵桜

千鳥ケ淵公園

当時は何だかわからないままに全体が入った写真を多く撮ってしまっていました。なので、せっかくボート客がいるので、今年はボートと桜をメインに切り取って良い写真を撮りたいと思っています。

神代植物公園

神代植物園桜

神代植物公園

せっかくのしだれ桜なんですが、何だかこのときは暗く撮ってしまいました。当時は、露出の調整をするってことを知らなかったんですね。こちらの写真も空を青にして再度撮りなおしたい写真です。

舎人公園

舎人公園

舎人公園

僕にしては比較的よく撮れたかなと思います。空が青いとやっぱり桜が映えますね。今年はもう少し構図にこだわりたいです。

六義園

六義園

-都立公園・庭園案内-

写真は六義園のものではありません。名物のしだれ桜が有名なのですが、前回行ったときは、なんと時期が遅くて全て散った後でした。。なので、今年はまずそのものを逃さないで撮りたいです(笑)

桜を綺麗に撮るためにチャレンジしたい11の撮り方

撮影スポットに行くのは必須として、じゃあどうやったら綺麗に桜の写真を撮ることができるのか? ない頭をひねって考えました。

1. やっぱり青空と一緒に撮る

アップ桜

photo credit: tanaka_juuyoh

青空と桜、やっぱり最高のシチュエーションですよね。桜が綺麗でも空が白くなってしまったり、暗くなってしまうと最悪です。そのあたりを注意して撮影できれば、一歩前進ですね。

2. 何はともあれ望遠レンズで寄ってみる

寄って桜

photo credit: idua_japan

寄って撮ってみると、余計なものが映り込むことなく綺麗な部分だけを切り取ることができますね。シンプルな方法こそ、良い写真への近道ですかね。

3. マクロでクローズアップ撮影

マクロ桜

photo credit: T.Kiya

今まで一度もやったことありませんが、マクロで写真を撮るのも楽しそうです。手振れ等、気になることは多いですがチャレンジあるのみ。これから花真っ盛りのシーズン。防湿庫に眠っているマクロレンズを引っ張りだそうと思います。

4. 舞い散る桜を撮る

舞い散る桜

photo credit: luke chan

難しいとは思いますが、舞い散る桜をうまく写すことができたら素晴らしい写真になりそうです。根気と体力勝負ですね。

5. ライトアップされた桜を撮る

ライトアップ桜

photo credit: Yasunari Nakamura

ライトアップされた桜もうまく撮ることができれば、とっても綺麗ですよね。夜間撮影には三脚は必須。ぜひ持ち出してこんな写真を撮りたい。

6. 人物と桜を一緒に撮る

人物と桜

photo credit: かがみ~

綺麗な桜の中に人物が入るとまた違った味のある写真になりますよね。なかなか構図が難しそうですが、いろいろ試行錯誤を重ねたいです。

7. 背景をぼかしてみる

背景ボケと桜

photo credit: norio-nakayama

後ろに建物を入れてぼかしてみても、味わい深い写真が撮れそうです。あらかじめそういった場所をピックアップして撮影に行く必要がありますね。

8. 遠くから狙ってみる

遠くから桜

photo credit: かがみ~

近くからだけでなくて、遠くから撮ってみるのも良いですね。近くからだと邪魔になってしまう観光客も遠くからだと良いアクセントになります。

9. 動物と桜を一緒に撮ってみる

動物と桜

photo credit: m-louis

鳥でも良いですし、犬でも猫でも。動物と一緒に桜を切り取ることができれば、また違った雰囲気の良い写真を撮ることができそうです。

10. ホワイトバランスを変えてみる

ホワイトバランス桜

ホワイトバランスを変えて撮ってみるだけで、いつもと違った雰囲気の桜の写真が撮れる気がします。僕の気のせいですかね? とにかく気になったらいろいろ変えて撮影してみることにします。

11. 散ったあとの桜を撮ってみる

散った桜

photo credit: i_yudai

どこか儚げですが、散ったあとの桜だって風情がありますよね。空ばかり見上げていないで、足元に注目してみても良い写真が撮れそうな気がします。今年は今まで以上に桜の花びらにも注目したいです。

まとめ

まだまだチャレンジしてみたいことはたくさんありますが、とりあえずパッと思いついたことを箇条書きであげてみました。この中の半分は最低でもチャレンジしてみたいなぁと思っていますが、どこまできることやら。

良かったら、この記事を読んでくれたみなさんもチャレンジしてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

-写真の基本・テクニック
-, ,