カメラ・機材

EOS R5が発表されたので、α7R IV、Z 7と比較してみた!

投稿日:2020年7月12日 更新日:

つい先日、CanonからEOS R5、R6が発表されましたね。スペックを見て、これが初めてのフルサイズミラーレスで発表されていればなぁ・・・と思った方も多いはず。もし、そうだったら今頃私もSONYに移行していなかっただろうなと。それくらい魅力的なマシンに仕上がっています。まぁ、今からまたCanonにマウントを戻そうとは思っていませんが、せっかくなのでスペックを見て盛り上がっちゃおうと思います!

スポンサーリンク

EOS R5が発表されたので、α7R IV、Z 7と比較してみた!

というわけで、いつものように恒例の比較表です。

EOS R5とα7R IVとZ 7の比較表

機種名EOS R5α7R IVZ 7
メーカーCanonSONYNikon
発売日2020/7/下旬2019/9/ 62018/9/28
実売価格(ボディのみ)
(2020年7月現在)
¥455,000¥350,000¥330,000
レンズマウントキヤノンRFマウントα EマウントニコンZマウント
総画素数4710 万画素6250 万画素4689 万画素
有効画素数4500 万画素6100 万画素4575 万画素
撮像素子フルサイズ
36mm×24mm
CMOS
フルサイズ
35.7mm×23.8mm
CMOS
フルサイズ
35.9mm×23.9mm
CMOS
撮影感度標準:ISO100~51200
拡張:ISO50、102400
標準:ISO100~32000
拡張:ISO50~102400
標準:ISO64~25600
拡張:ISO102400相当
記録フォーマットJPEG/RAW/HEIFJPEG/RAWJPEG/RAW/TIFF
連写撮影電子シャッター時:最高約20コマ/秒
電子先幕・メカシャッター時:最高約12コマ/秒
Hi+時:最高約10コマ/秒高速連続撮影:約5.5コマ/秒
高速連続撮影(拡張):約9コマ/秒
シャッタースピード子:1/8000秒~0.5秒
電子先幕・メカニカル:1/8000秒~30秒
1/8000~30秒1/8000~30秒
液晶モニター3.2インチ
210万ドット
3インチ
144万ドット
3.2インチ
210万ドット
ファインダー形式有機ELカラー電子ビューファインダー電子ビューファインダー UXGA OLED Tru-FinderQuad-VGA OLED
ローパスフィルターレス
ファインダー倍率0.76 倍0.78 倍0.8 倍
ファインダー視野率100/100100/100100/100
撮影枚数ファインダー使用時:220枚
液晶モニタ使用時:320枚
ファインダー使用時:530枚
液晶モニタ使用時:670枚
ファインダー使用時:330枚
液晶モニタ使用時:400枚
記録メディアSDカード
SDHCカード
SDXCカード
CFexpressカードTypeB
SDカード
SDHCカード
SDXCカード
XQDカード
Sony製CFexpressカードTypeB(ファームウェアVer.2.2以降)
スロットダブルスロット
CFexpressカードTypeB/SDカード
ダブルスロット
SDカード×2
シングルスロット
防塵防滴
手ブレ補正機構
5軸手ブレ補正
タッチパネル
ゴミ取り機構
タイムラプス
ライブビュー
可動式モニタバリアングル液晶チルト可動式液晶チルト液晶
GPS
USB充電
RAW+JPEG同時記録
バルブ
RAW14bit14bit12bit/14bit
タイム
PictBridge対応
セルフタイマー10/2秒10/5/2秒20/10/5/2秒
インターフェースHDMIマイクロ、USB Type-CマイクロUSB、USB Type-C、HDMIマイクロUSB Type-C、miniHDMI
AFセンサー測距点最大5940ポジション35mmフルサイズ時:567点(位相差検出方式)、フルサイズレンズ装着かつAPS-C読み出し時:325点(位相差検出方式)、APS-Cレンズ装着時:247点(位相差検出方式)/425点(コントラスト検出方式493点(静止画モード、撮像範囲FX、シングルポイントAF時)
4K対応
動画記録画素数8K(8192x4320)29.97fps
C4K(4096x2160)119.88fps
4K(3840x2160)119.88fps
4K(3840x2160)
30p
4K(3840x2160)
29.97fps
ファイル形式MP4/RAWXAVC S/AVCHD規格 Ver.2.0準拠MOV/MP4
映像圧縮方式MPEG-4 AVC/H.264H.264/MPEG-4 AVC
音声記録方式ALL-I/IPB:ACC/リニアPCM(選択可能)
IPB(軽量):AAC
LPCM 2ch/Dolby Digital (AC-3) 2ch
ドルビーデジタルステレオクリエーター搭載
リニアPCM
AAC
Wi-Fi
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 4.1Bluetooth 4.2
BLE(Bluetooth Low Energy)
Wi-Fi Direct対応
NFC
サイズ(幅x高さx奥行き)138.5x97.5x88 mm128.9x96.4x77.5 mm134x100.5x67.5 mm
重量(本体)650 g580 g585 g

流石に直近で発売だけあって、他の2機種に優っている部分がたくさんありますね。鳥瞳AF、8K動画、最高8.0段の手ぶれ補正

発表までは70万円くらいするんじゃないか? と言われていたEOS R5。でも、蓋を開けてみれば最安値で45万円、量販店価格では50万円でした。8K動画など意欲的なチャレンジも盛り込んでのこのお値段、Canonさん、頑張ったなというのが正直な感想です。

約4500万画素 35mmフルサイズCMOSセンサー

キヤノン:your EOS.|EOS R5 特長紹介

新開発の有効画素数最大約4500万画素 35mmフルサイズCMOSセンサーを採用。高性能映像エンジンDIGIC X、RFレンズとの組み合せにより、解像感、ノイズ、光学特性、 すべての要素から画質向上を追求。EOS最高解像性能を達成。

高画素まではいかないちょうど良いバランスでまとめてきましたね。昨今はカメラの高画素化が進み、ボディを買ったらPCも買い換えなければならないという状況になりがちなので、この辺は上手いなと思います。

世界最高8.0段の手ブレ補正

キヤノン:your EOS.|EOS R5 特長紹介

EOS初のボディー内5軸手ブレ補正機構を搭載。IS非搭載のレンズと組み合せた場合でも、カメラとレンズの組み合せに応じて、広角側から望遠側まで適切な5軸手ブレ補正を実行。 さらに、手ブレ補正機構を搭載したRFレンズを装着した場合、 カメラとレンズの協調ISにより8.0段の補正効果を実現しました。この強力な手ブレ補正により、長秒時撮影時でも手持ち撮影が行えるなど、 撮影領域の自由度がさらに広がります。

Rが発表された時にボディ内手ブレ補正が搭載されておらず、心底がっかりした結果SONYにマウント替えをしました。わずか2年で全メーカーをぶち抜いて最高の手ブレ補正を実現。Canonさん、もっと早く実現してくれていれば・・・

世界初8K動画撮影

キヤノン:your EOS.|EOS R5 特長紹介

8K/30P動画で撮影。世界初の8K(8192×4320)/30P動画撮影を実現しました。12bit RAWの内部記録、 クロップなしでの撮影ができるため、EOSムービーの表現力をさらに拡大させます。 また、カメラ内で約3540万画素の静止画としてもJPEGで保存可能。高画質な写真素材として活用できます。

排熱問題の関係で時間制限があったり、オーバーヒート問題があったりと、色々残念な部分もあるようですが、まずは挑戦したことに敬意を示すべきでしょう。

動物(犬・猫・鳥)の 瞳・顔・全身検出

キヤノン:your EOS.|EOS R5 特長紹介

人物検出と同様に[EOS iTR AF X]を採用。 動物(犬/猫/鳥)の瞳・顔・全身検出の検出が可能です。 動物の大きさや、顔の向き、傾きに影響されにくい 高精度なピント合わせと追従を実現。 被写体をコントロールしにくく、 静止していることの少ない動物撮影でも、 安定的に被写体を追い続けることができます。

犬と猫はまぁともかく、鳥の瞳AFに対応したのは本当にびっくり。Canonのカメラを使う方には野鳥撮影がメインな方も多いと思うので、これは喜ばしいことだと思います。

EOS R6も出し惜しみしない新しいCanonさん!

キヤノン:your EOS.|EOS R6 特長紹介

R5と同時発表されたR6。いつもならR5との差別化の為に一生懸命差別化を測ろうと機能制限をつけるCanonさんですが、流石にSONYに対して焦りが見えるのか、R6も出し惜しみなく性能アップしてきました。

R5との違いはボディの堅牢性と画素数と動画性能くらいだと思います。

α7 III Debut|α Universe | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

余談ですけど、このキャッチコピーをめっちゃ意識しているのが面白いですね。SONYのおかげでCanonも出し惜しみ商売ができなくなったと思うと、感慨深いです。

ついでなので、EOS R6とα7 IIIとZ 6の比較表も張っておきますね。

EOS R6とα7 IIIとZ 6の比較表

機種名EOS R6α7 IIIZ 6
メーカーCanonSONYNikon
発売日2020/8/下旬2018/3/232018/11/23
実売価格(ボディのみ)
(2020年7月現在)
¥302,000¥210,000¥219,000
レンズマウントキヤノンRFマウントα EマウントニコンZマウント
総画素数2140 万画素2530 万画素2528 万画素
有効画素数2010 万画素2420 万画素2450 万画素
撮像素子フルサイズ
35.9mm×23.9mm
CMOS
フルサイズ
35.6mm×23.8mm
CMOS
フルサイズ
35.9mm×23.9mm
CMOS
撮影感度標準:ISO100~102400
拡張:ISO50、204800
標準:ISO100~51200
拡張:ISO50~204800
標準:ISO100~51200
拡張:ISO204800相当
記録フォーマットJPEG/RAW/HEIFJPEG/RAWJPEG/RAW/TIFF
連写撮影電子シャッター時:最高約20コマ/秒
電子先幕・メカシャッター時:最高約12コマ/秒
Hi+:最高約10コマ/秒高速連続撮影:約5.5コマ/秒
高速連続撮影(拡張):約12コマ/秒
シャッタースピード電子:1/8000秒~0.5秒
電子先幕・メカニカル:1/8000秒~30秒
1/8000~30秒1/8000~30秒
液晶モニター3インチ
162万ドット
3インチ
92.16万ドット
3.2インチ
210万ドット
ファインダー形式有機ELカラー電子ビューファインダー電子ビューファインダー XGA OLED Tru-Finder
Quad-VGA OLED
ローパスフィルターレス
ファインダー倍率0.76 倍0.78 倍0.8 倍
ファインダー視野率100/100100/100100/100
撮影枚数ファインダー使用時:250枚
液晶モニタ使用時:360枚
ファインダー使用時:610枚
液晶モニタ使用時:710枚
ファインダー使用時:310枚
液晶モニタ使用時:380枚
記録メディアSDカード
SDHCカード
SDXCカード
SDカード
SDHCカード
SDXCカード
メモリースティックPRO Duo
メモリースティックPRO-HG Duo
XQDカード
Sony製CFexpressカードTypeB(ファームウェアVer.2.2以降)
スロットダブルスロット
SDカード×2
ダブルスロット
SDカード/SD・MSカード
シングルスロット
防塵防滴
手ブレ補正機構
5軸手ブレ補正
タッチパネル
ゴミ取り機構
タイムラプス
ライブビュー
可動式モニタバリアングル液晶チルト可動式液晶チルト式液晶
GPS
USB充電
RAW+JPEG同時記録
バルブ
RAW14bit14bit12bit/14bit
タイム
PictBridge対応
セルフタイマー10/2秒10/5/2秒20/10/5/2秒
インターフェースHDMIマイクロ、USB Type-CマイクロUSB、USB Type-C、HDMIマイクロUSB Type-C、miniHDMI
AFセンサー測距点最大6072ポジション35mmフルサイズ時:693点(位相差検出方式)、フルサイズレンズ装着かつAPS-C読み出し時:299点(位相差検出方式)、APS-Cレンズ装着時:221点(位相差検出方式)/425点(コントラスト検出方式)273点(静止画モード、撮像範囲FX、シングルポイントAF時)
4K対応
動画記録画素数4K(3840x2160)
59.94fps
4K(3840x2160)
30p
4K(3840x2160)
29.97fps
ファイル形式MP4XAVC S/AVCHD規格 Ver.2.0準拠MOV/MP4
映像圧縮方式MPEG-4 AVC/H.264H.264/MPEG-4 AVC
音声記録方式IPB:ACC/リニアPCM(選択可能)
IPB(軽量):AAC
LPCM 2ch/Dolby Digital (AC-3) 2ch
ドルビーデジタルステレオクリエーター搭載
リニアPCM
AAC
Wi-Fi
BluetoothBluetooth 4.2Bluetooth 4.1Bluetooth 4.2
BLE(Bluetooth Low Energy)
Wi-Fi Direct対応
NFC
サイズ(幅x高さx奥行き)138.4x97.5x88.4 mm126.9x95.6x73.7 mm134x100.5x67.5 mm
重量(本体)598 g565 g585 g

まとめ

そんなこんなで、EOS R5を他社と比較してみました。私は冒頭でも述べたように今の所SONYからCanonに出戻りするつもりはありませんが、こうなってくると心配なのはNikonですよね。こっそりと凄いマシンを開発しているような気がしないでもないですが、業界自体が落ち込み気味ですから、ぜひとも凄いものを作って巻き返して欲しいと思います。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Facebook・Twitterへ最新記事をお届けします

-カメラ・機材
-

Copyright© ふぉとぷろむな~ど , 2020 All Rights Reserved.